フランチャイズ経営で独立・開業・起業を目指す人に向けての情報サイトです


【無料講座開校中!】本当の「お金」の付き合い方を知っていますか?
ファイナンシャルアカデミーでは東京・大阪・京都・愛知で「お金の教養講座」を定期的に無料で開催中。毎年1000人が受講している人気講座となっています。「お金と経済のルール」を学び、効率的な自己投資方法を身につけたい方は是非受講してみてください。

コンビニエンスストアでおすすめのフランチャイズ募集企業をご紹介

 

 

 

フランチャイズの代名詞ともいえるのが、コンビニエンスストアです。

 

セブンイレブンがFC1号店を出店したのは1974年5月、ローソンがFC1号店を出店したのは1975年9月のこと。両方とも既に40年以上事業として継続しています。

 

コンビニエンスストアのフランチャイズ経営のメリットは、比較的景気に左右されないこと。そして、拡大して進化を続ける市場に参入できることです。

 

成功しているオーナーの方は複数の店舗を所有し、収益を拡大させています。

 

また、コンビニのフランチャイズ契約年数は比較的長く、一度始めたら簡単に辞めることはできません。より慎重に会社を選ぶ必要があります。

 

ここでは、フランチャイズ募集を行っているコンビニ企業の紹介と、おすすめのランキングを紹介いたします。参考にしていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

1.コンビニのFC募集企業比較一覧

ローソン

 

「皆様のマチの暮らしにとってなくてならない存在」を企業理念とし、業界大手3社の一角を誇るローソン。「ナチュラルローソン」「ヘルスケアローソン」など時代に合わせた進化型店舗も展開しています。

 

加盟プランの年齢制限は、「20歳以上」として上限を撤廃。シニア層のセカンドキャリアにも対応しています。

 

また、未経験者向けに「FCオーナー・インターン制度」を提供。まずは、契約社員として月30万円をもらいながら、直営店で店舗運営を学ぶことも可能です。

 

運営会社 株式会社ローソン
設立 1975年4月15日
店舗数 13,111店(国内のみ)
開業資金 自己資金100万円(税別)〜
加盟金 100万円(税別)
ロイヤリティ 総粗利益に対して、スライドチャージを乗じた金額
想定年収 約630万円
契約期間 10年
募集エリア 全国
アプローチ BMフランチャイズから詳しい資料を請求

 

セブンイレブン

 

コンビニ業界最大手となるセブンイレブン。平均日販65万円以上と、2位以下のコンビニを大きく引き離し、高収益であることが注目されています。

 

セブンイレブンのオーナーは、半数以上が未経験からのスタート。

 

開業前の研修制度が充実している点に加え、開業後のサポート、水道光熱費・不良品原価の一部を負担するなどの配慮を行っています。

 

運営会社 株式会社セブンイレブン・ジャパン
設立 1975年11月20日
店舗数 18,572店(FC店舗)
開業資金 自己資金250万円(税別)または300万円(税別)
加盟金 250万円(税別)または300万円(税別)
ロイヤリティ 総粗利益に対して、スライドチャージを乗じた金額
想定年収 約700万円
契約期間 15年
募集エリア 全国
アプローチ BMフランチャイズから詳しい資料を請求

 

デイリーヤマザキ

 

山崎製パングループのノウハウを活用し、「焼きたてパン」「手作り弁当」の厨房があるコンビニ。店内で調理した、作り立ての料理を提供できる点に特徴があります。

 

新商品情報や商品別の売れ行きから、気象情報まで充実した情報をフランチャイズ店舗に伝達。発注管理などを的確に行えます。

 

アットホームな雰囲気のコンビニ経営を目指したい方におすすめ。

 

運営会社 山崎製パン株式会社
設立 1948年6月21日
店舗数 1,571店(FC店舗)
開業資金 220万円以上
加盟金 108万円
ロイヤリティ 粗利分配方式
想定年収 約500万円
契約期間 5年
募集エリア 全国
アプローチ フランチャイズの窓口から詳しい資料を請求

 

ミニストップ

 

イオングループの戦略的小型店事業の一つが、ミニストップ。

 

プライベートブランドの「トップバリュ」や「WAON」、「イオン銀行ATM」などグループシナジーを活かした運営を行っています。

 

「インターン契約社員制度」を設けており、利用することで70万円から開業が可能。さらに、この制度でフランチャイズ契約を行うと、180万円の独立奨励金が支給されます。

 

他、本部の立地プロによる物件紹介や既存店引き継ぎ制度など、サポートが充実しています。

 

運営会社 ミニストップ株式会社
設立 1980年5月21日
店舗数 5,107店(FC店舗)
開業資金 70万円〜
加盟金 255万円
ロイヤリティ 粗利分配方式
想定年収 約500万円
契約期間 7年
募集エリア 東北・関東・東海・近畿・四国・九州
アプローチ フランチャイズの窓口から詳しい資料を請求

2.コンビニのFC募集企業おすすめ評判ランキング

ご紹介した優良FC案件の中から、収益性や評判、口コミ度などをベースに3社ピックアップさせて頂きました。

 

資料請求や説明会の参加など、ご自身の研究にお役立ていただければ幸いです。

 

デイリーヤマザキ

 

元々知名度があり、集客力がある一方、コンビニの中でも店舗数が少なく、独自性を出しやすい。

 

コンビニフランチャイズの中でも、アットホームな雰囲気で働ける点に定評があります。

 

店舗と設備を自分で用意するタイプと、本部に用意してもらうタイプの2種類があります。

 

詳しい資料請求はコチラから

開業資金 想定年収 募集エリア
220万円以上 約500万〜700万円 全国

セブンイレブン

コンビニ業界で圧倒的1位の業績を誇ります。時代の変化に柔軟に対応しながら新商品、新サービスの開発を進め、業界をリードする存在。

 

複数店経営奨励制度や最低収入保証制度などのサポート体制もあり、競争激化するコンビニ業界でも安定の経営を目指します。

 

詳しい資料請求はコチラから

開業資金 想定年収 募集エリア
250万円または300万円 約700万円 全国

ローソン

「マチ」のニーズに応えることをコンセプトに、圧倒的な知名度を誇ります。

 

年齢上限を撤廃し、アクティブシニアの活躍の場を提供。生涯現役の働き方を実現します。

 

また、新店廃棄支援(1〜3か月100%、4〜12か月 50%)やオープン後3か月 店主引出金50万円など、開業時の負担を下げるサポートが充実しています。

 

詳しい資料請求はコチラから

開業資金 想定年収 募集エリア
100万円以上 約630万円 全国

3.まとめ

コンビニのフランチャイズ経営で成功するには、土地や建物を自前で持つか、複数店舗を運営するかという選択をすると、より利益率が高まります。

 

フランチャイズ加盟後は長期間にわたり、コンビニ業界に携わることになるので、より長期的な視野で成長戦略を描いておくようにすると良いでしょう。

 

コンビニ経営のメリットである、「景気に左右されずに売上が安定している」という点を享受しつつ、将来に向けての展望を考えていくことが大切です。

 

■こちらの記事もおすすめ

フランチャイズの選び方

フランチャイズ選択で失敗しない秘訣を段階別に紹介しています。

 

セブンイレブンのフランチャイズ募集について

セブンイレブンのフランチャイズの特徴や契約タイプ、口コミなどを紹介しています。

 

デイリーヤマザキのフランチャイズ募集について

デイリーヤマザキのフランチャイズの特徴や契約タイプ、口コミなどを紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

 

「フランチャイズの窓口」で気になる会社の資料をお取り寄せ

「フランチャイズの窓口」は、独立開業・起業を検討されている方の為の比較・検索サイトです。

サービス業、飲食、学習塾、介護、コンビニなどの業種で検索することはもちろん、夫婦で開業を検討されている方や副業でビジネスを検討されている方向けの情報も公開。

サイトの利用・資料請求は無料ですので、まずは興味のあるフランチャイズ案件の資料を取り寄せてみましょう。