フランチャイズ経営で独立・開業・起業を目指す人に向けての総合ポータル情報サイト


【無料講座開校中!】本当の「お金」の付き合い方を知っていますか?
ファイナンシャルアカデミーでは東京・大阪・京都・愛知で「お金の教養講座」を定期的に無料で開催中。毎年1000人が受講している人気講座となっています。「お金と経済のルール」を学び、効率的な自己投資方法を身につけたい方は是非受講してみてください。

エステを開業・独立して経営するには?

スポンサーリンク

 

基本的に、自由に開業できる業種であるため、美容院がフェイシャルケアやハンドケアを導入したり、訪販化粧品メーカーが訪問エステを実施するといった異業種の参入を含めて、サロン数の増加で競争も激しくなっています。また、低価格なセルフサービス型のサロンも登場しています。新規参入にあたっては、サービスの内容や提供方法、料金設定などによる差別化が欠かせません。

 

エステ業界市場の動向

エステティックサロン業界の市場規模の動向については、2012年1月に発表されている矢野経済研究所の資料によると、ここ数年間は下落傾向が続いています。2011年度の見込みで3,426億円と、2007年度と比較すると約18%程度下落となっています。

 

理由としては、エステ業界全体に置ける、競合が増加した事により、全体の単価が下落した事、また日本経済全体での景気の減速による所得下落によって、利用者の利用頻度が低下した点等が挙げられます。最近ではメンズエステ等の利用も増加している傾向にはありますが、エステ業界全般としては、若干、敷居が高いイメージを持たれている事も一つの傾向として挙げられます。

 

サービス展開に置いては、プレミアム感等を重視する観点も重要ですが、今後のよりエステ業界全体の市場の拡大を考えるのであれば、間口を広くして、多くの顧客層を受け容れる体制を持つ事は重要だと考えられます。

 

どの形態で開業するか?

エステの開業は主に3つのタイプがあります。それぞれのメリット・デメリットを列挙しました。

店舗開業(路面店、テナント)
メリット
・人通りが多いところが多く、かなりの集客が見込める。
・目につきやすいところであれば、飛び込み予約が多くなる。
デメリット
・開業資金が高い。
・毎月の人件費、賃貸料などの経費が大きくなる。

エステサロン開業(賃貸マンション)
メリット
・繁華街、駅の近くなど、場所によっては、集客が見込める。
・集客次第で、路面店と同じように繁盛店になる可能性がある。
デメリット
・駅近や、人通りが多くない限り、飛び込みは少ない。
・毎月の賃貸料などの経費が路面店ほどではないが経費面での負担がかかる。

自宅エステ サロン開業
メリット
・必要経費の大部分を占める店舗の家賃が大幅に削減
・家事と両立できる。
デメリット
・一部屋以上をエステルームとして確保する必要がある。または、リフォームが必要となる場合も。
・プライバシーがなくなり、プライベートと仕事のメリハリをつけるのが難しい。

 

エステ店舗成功のポイント

顧客ターゲットを明確にする

「こういうお客様に来てほしい」と思うターゲットのライフスタイルに合ったサービス展開が必要になります。例えばOLのお客様が多いお店ですと、予約は当然、会社帰りの18:00からが集中しますが、午前中や夕方までは、あいている時間が出来るかも知れません。

専門分野・得意分野を定める

女性は、だれでも「私の気持ちを分かってくれる」というところに、弱く、そしてそんな乙女心が分かる女性だからこそ、ターゲットとターゲットが持ちやすい悩みと解決法を掘り下げることによって、成功パターンが見えてきます。

独自性があり、差別化が出来ている

あなたの店にくる理由を、選ばれた理由を、そして選ばれなかった理由をはっきり言える人は、自分の強みやメリット、デメリットをはっきり分かっている人です。エステサロン経営において、「万人に好かれたい、いろんな人に来てもらいたい」という八方美人は、通用しません。

技術や知識に対する好奇心を持つ

エステ業界の浮き沈みは早く、昨日はやっていたものが、今日は時代遅れという事がよくありますが、技術や知識はすたれることが有りません。
常に、新しい知識や技術を探求する心、そしてチャレンジ向上心を継続してモチベーションを高く持ち続けることでお店は発展し続けるのです。

同業者と情報交換が出来るようにする

「けちな人にはお金は回ってこない」と言われますが、他人のものばかり、もらおうとそして、自分から何も提供しない人は、結局何も得られず、そして「損して得を取れ」の精神の人は、自分の方から気前よく(?)公開する事によって、色々な情報や良い人間が周りに集まってくるのです。

 

スポンサーリンク

 

フランチャイズ展開している資料を取り寄せてより詳しく研究してみましょう

 

選択肢の有効な手段の一つとして、フランチャイズに加入するというものがあります。
既存の収益モデルや看板を利用することが大きな強みになります。特にエステ業界では磨かれた最先端の技術を提供してもらえることが出来ます。

 

単独開業を検討している方も資料を取り寄せて研究・分析してみることをおすすめします。

 

<<募集案件一覧>>
「フランチャイズの窓口」
・リラクゼーションサロン「レクリエ」
・ほぐしの名人
・骨盤・整体サロン「カラダファクトリー」
ストレッチサロン「カラダストレッチ」
・クイックカットBB

「失敗しないフランチャイズ選び」無料レポートプレゼント!

人間関係のストレスから解放され、好きな仕事で自由に働ける。

それがフランチャイズの魅力です。

しかしいきなり独立開業となると、不安に感じる人も多いことでしょう。

そこで「失敗しないフランチャイズ選び」をプレゼント!

本気でフランチャイズ開業を考えている方に「歴史や市場データ」「成功のポイント」を網羅した無料レポートを提供します。

ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズ開業成功のための無料レポート