フランチャイズ経営で独立・開業・起業を目指す人に向けての総合ポータル情報サイト


【無料講座開校中!】本当の「お金」の付き合い方を知っていますか?
ファイナンシャルアカデミーでは東京・大阪・京都・愛知で「お金の教養講座」を定期的に無料で開催中。毎年1000人が受講している人気講座となっています。「お金と経済のルール」を学び、効率的な自己投資方法を身につけたい方は是非受講してみてください。

介護事業でおすすめのフランチャイズ募集企業をご紹介

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

一口に介護ビジネスといっても様々な種類が存在します。そして、種類により収益性や資本金が大きく変わっていくものです。

 

介護事業においてフランチャイズ経営を考える際は、どの種類に参入するかも含めて検討していきましょう。

 

※介護事業の種類については、介護ビジネスの開業・起業入門ガイドを参照ください。

 

このページでは現在、介護事業において加盟店を募集している最新のフランチャイズ企業リストとおすすめのランキングを掲載しています。

 

役立て頂ければ幸いです。

 

目次
※クリックするとページ内の該当箇所にジャンプします。
介護ビジネスのFC募集企業比較一覧
介護ビジネスのFC募集企業おすすめ評判ランキング
まとめ

 

スポンサーリンク

介護ビジネスのFC募集企業比較一覧

だんらんの家(デイサービス)

 

「みんなで過ごす大きな家族」をコンセプトにした、市区町村指定の地域密着型デイサービス。定員を10名として、利用者2.5名に対し1名の職員を配置ししたきめ細やかなサービスを提供しています。

 

FC経営では、30年以上に渡る人材育成ノウハウを集約し、全事業所を黒字化。毎月研修会を開催し、継続した経営指導を行っています。

 

運営会社 日本介護事業株式会社
設立 1989年10月9日
FC店舗数 加盟店175  直営29
開業資金 680万円〜
加盟金 280万円
ロイヤリティ 月額固定13万円
モデル収益 約80万円(平均営業利益率27%)
募集エリア 全国
アプローチ BMフランチャイズから詳しい資料を請求

 

さくら介護ステーション・さくらデイサービス(訪問介護・デイサービス)

 

地域密着型を主体とし、顧客満足を常に求めてより良い暮らしが出来るように介護スタッフがサポート。

 

さくら介護グループは、介護事業をFC化した日本初の会社。申請業務や介護報酬請求、情報収集や各種ツール整備をFC本部が行うことで、圧倒的な低コスト・短時間・高制度を実現しています。

 

運営会社 株式会社さくら介護グループ
設立 1983年9月28日
FC店舗数 288事業所
開業資金 306万円〜
加盟金 200万円
ロイヤリティ 5%〜
モデル収益 月の経常利益111万円(訪問介護で開業24カ月目)
募集エリア 全国
アプローチ BMフランチャイズから詳しい資料を請求

 

樹楽【きらく】(デイサービス)

 

定員10名の小規模デイサービスでアットホームで手厚いケアを提供。「24時間365日」を強みとし、「時間延長サービス」「お泊りサービス」「送迎時間相談」などのサービスを手掛けています。

 

FC加盟後は本部の24時間体制のサポート付きで、安心の経営を行うことが可能。きめ細やかなサポートを行います。

 

運営会社 株式会社アクロス
設立 1995年6月22日
FC店舗数 150店舗
開業資金 700万円〜
加盟金 260万円(小規模デイ)
ロイヤリティ 月10万円
モデル収益 【営業利益】初年度539万円 2年度1005万円 3年度969万円
募集エリア 全国
アプローチ BMフランチャイズから詳しい資料を請求

 

ブルーミングケア(デイサービス)

 

24時間365日夜間個室対応型デイサービス。プライバシー重視の完全個室で新築・耐震・バリアフリー。看護職員駐在で中重度者対応が可能です。

 

運営会社の株式会社日本介護福祉グループは、地域密着型デイサービス「茶話本舗」を全国に500店舗展開していますが、そこで培ったノウハウをベースに、2015年の法改正に対応したモデル「ブルーミングケア」を構築しました。

 

運営会社 株式会社日本介護福祉グループ
設立 2005年5月
FC店舗数 未記載
開業資金 約1630万円
加盟金 500万円
ロイヤリティ 月間総売上高の5%(下限5万円〜上限25万円)
モデル収益 約半年で黒字化。約2年3ヶ月で初期投資回収
募集エリア 全国
アプローチ BMフランチャイズから詳しい資料を請求

 

カラダラボ(リハビリ特化型デイサービス)

 

生活改善にフォーカスし、利用者の症状や目標に合わせて訓練計画を立てリハビリテーションを行う短時間のデイサービス。

 

激務であるというイメージがある介護業界において、土日休み、夜勤も無いので雇用が安定するのもメリットの一つです。

 

運営会社 株式会社ヒューマンリンク
設立 2010年8月
FC店舗数 118店舗
開業資金 950万円
加盟金 350万円(研究所入会金)
ロイヤリティ 月15万円
モデル収益 営業利益月100万円以上
募集エリア 全国
アプローチ BMフランチャイズから詳しい資料を請求

 

レッツ倶楽部(リハビリ型デイサービス)

 

半日型のリハビリ特化型デイサービス。リハビリの専門家7名が開発したパワーリハビリを採用。

 

老化などにより、使われなくなってしまった筋肉(不活動筋)や神経を、正しくまんべんなく動かすために開発されたプログラムとなっています。

 

FC加盟者の95%が異業種からの開業。2011年にFC展開を開始。わずか5年で120店舗を突破しています。

 

運営会社 株式会社ほっとステーション
設立 2006年5月
FC店舗数 120店舗
開業資金 約1500万円
加盟金 300万円(入会金)
ロイヤリティ 月7〜17万円
モデル収益 営業利益 【東京エリア】月約180万円(利益率約45%) 【その他】月約220万円(利益率約55%)
募集エリア 全国
アプローチ フランチャイズの窓口から詳しい資料を請求

 

コンパスウォーク(デイサービス・訪問介護)

 

歩くにこだわるリハビリセンター。半日型、歩行訓練特化型のデイサービス。

 

国家資格の理学療法士による歩行訓練や、針灸師・整体師による介護整体、パワーリハなどが主なプログラムとなっています。

 

FCサポートの特徴として、「継続的な理学療法士への技術・知識指導」「介護営業ノウハウ・保険制度・同行営業指導」などが挙げられます。

 

運営会社 リハプライム株式会社
設立 2011年2月21日
FC店舗数 1店舗
開業資金 451万円〜
加盟金 300万円
ロイヤリティ 月15万円
モデル収益 月営業利益150万円(利益率38%)
募集エリア 全国
アプローチ フランチャイズWEBリポートから詳しい資料を請求

 

ブリッジライフ(IADL訓練型デイサービス)

 

IADL(手段的日常生活動作訓練型)に特化した新業態のデイサービス。自立した日常生活の実現に向け、3つのプログラムを盛り込んだスケジュールを個々の目標に応じて作成しています。

 

運営会社のQLCグループは、レッツ倶楽部を全国120か所d運営している実績があります。ブリッジライフは、そのノウハウを元に開発されたFCパッケージです。

 

運営会社 QLCプロデュース株式会社
設立 1997年5月
FC店舗数 7店舗
開業資金 500万円〜
加盟金 200万円(入会金)
ロイヤリティ 月17万円
モデル収益 営業利益107万円(32%)
募集エリア 1都3県
アプローチ フランチャイズの窓口から詳しい資料を請求

 

サロンオールディーズ(リハビリ型デイサービス開設支援)

 

FCではなく、「開設支援」という形でサービス提供を行っています。最新鋭のトレーニングシステムの導入や経営の合理化、効率化、標準化を推進。

 

初期の開設サポート費のみかかり、加盟金やロイヤリティが一切かからないのが特徴的です。

 

運営会社 株式会社サロンオールディーズ
設立 未記載
導入店舗数 79店舗
開業資金 500万円〜
加盟金 135万円(開設サポート費)
ロイヤリティ 0円
モデル収益 営業利益90万円(利益率41%)
募集エリア 全国
アプローチ フランチャイズの窓口から詳しい資料を請求

 

ケアーズ(訪問看護ステーション)

 

訪問看護ステーションとは、看護師などが、利用者の自宅や高齢者住宅などを訪問し、「看護サービス」を提供するための事業所。

 

ニーズが高まっている一方、他の介護サービスと比べて事業所数は極端に少なく、参入するチャンスとなっています。

 

また、施設型の介護サービスと比べ、初期投資が抑えられるのもメリットの一つです。

 

運営会社 インキュベクス株式会社
設立 1995年10月
FC店舗数 634店舗
開業資金 700万円〜
加盟金 60万円(サポート費5ヶ月)
ロイヤリティ 月次サポート費用129,600円
モデル収益 開業6ヶ月営業利益 

【4名体制+事務員1名】37万円(利益率10.8%)
【8名体制+事務員1名】128万円(利益率18.1%)

募集エリア 全国
アプローチ フランチャイズの窓口から詳しい資料を請求

 

メディナス(訪問看護ステーション)

 

多様なリハビリニーズに応えるサービス。看護師が365日・24時間オンコール体制で、利用者を見守ります。

 

OMGPARTNERSが4事業6業態を351店舗展開し、培ってきたノウハウを基に、異業種からの参入をサポートしていきます。

 

運営会社 株式会社メディナス(OMGPARTNERS)
設立 2016年2月
FC店舗数 未記載
開業資金 500万円〜
加盟金 未記載
ロイヤリティ 月129,600円
モデル収益 営業利益2,446,000円(利益率38.7%)
募集エリア 群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
アプローチ フランチャイズWEBリポートから詳しい資料を請求

 

まごころ弁当配食のふれ愛(高齢者向け配食サービス)

 

配食サービス店舗数業界第1位。原材料にこだわり抜き、高齢者向けに味付け。栄養バランスなどに配慮したお弁当を提供しています。

 

FCには、本部社員も自ら加盟。加盟金・保証金が一切不要の「ゼロプラン」に注目です。

 

運営会社 株式会社シルバーライフ
設立 2007年10月
FC店舗数 未記載
開業資金 0円〜(融資制度利用)
加盟金 0円
ロイヤリティ 3万円(本部への会費)
モデル収益 営業利益55万円(利益率40%)
募集エリア 全国
アプローチ フランチャイズの窓口から詳しい資料を請求

 

ライフデリ(高齢者向け配食サービス)

 

高齢者向けの他、糖尿病・腎臓病・透析治療中の方向けのお弁当や嚥下が困難な方向けのムース食のお弁当を配達・宅配。

 

原材料の8割以上を国産とし、700種以上の豊富なおかずを取り揃えています。

 

FCでは、7〜10坪程度で運営出来るため、自宅の空きスペースを活用することなどで、収益の拡大が見込めます。

 

運営会社 株式会社グランフーズ
設立 2004年10月18日
FC店舗数 100店舗
開業資金 23万円〜
加盟金 0円
ロイヤリティ 月3万円(会費)
モデル収益 【1日50食】月利益257,897円(利益率31.7%)

【1日100食】月利益353,793円(利益率21.8%)
【1日200食】月利益863,586円(利益率26.6%)

募集エリア 沖縄以外全国
アプローチ フランチャイズWEBリポートから詳しい資料を請求

 

宅配クック123(高齢者向け配食サービス)

 

「全てはご高齢者の為に」という理念のもと、国内300店舗以上展開し、月間約200万食の配食実績があります。

 

年中無休で土日祝日も営業。配達料は無料で、お弁当代のみ負担となっています。

 

少ない経費で安定した収入が見込めるのもメリットの一つです。

 

運営会社 株式会社シニアライフクリエイト
設立 1999年12月
FC店舗数 302店舗
開業資金 500万円〜
加盟金 180万円
ロイヤリティ 売上の5%
モデル収益 【15坪スタッフ4名】月利益803,440円(利益率23.1%)
募集エリア 沖縄以外全国
アプローチ フランチャイズWEBリポートから詳しい資料を請求

介護ビジネスのFC募集企業おすすめ評判ランキング

紹介した優良FC案件の中から、収益性や評判、口コミ度などをベースに3社ピックアップしました。

 

資料請求や説明会の参加など、ご自身の研究にお役立てください。

 

だんらんの家(デイサービス)

「みんなで過ごす大きな家族」をコンセプトにした、市区町村指定の地域密着型デイサービス。
全事業所黒字化達成のための手厚いサポートが評判。
毎月研修会を開催し、人材育成と理念とクレドの明確化を徹底させています。
30年以上に渡る人材育成ノウハウが強みです。
詳しい資料請求はコチラから

開業資金 モデル月利益 募集エリア
680万円〜 約80万円 全国

ケアーズ(訪問看護ステーション)
介護ニーズが高まっている中、訪問介護や通所介護の事業所数に比べて、極端に少ないのが訪問看護ステーションです。そのため、今が絶好の参入チャンスととらえることが出来ます。

また、開業半年後から利益率10〜18%が見込めます。
定期的に事業説明会を開催しています。
詳しい資料請求はコチラから

開業資金 モデル月利益 募集エリア
700万円 37〜128万円 全国

まごころ弁当配食のふれ愛(高齢者向け配食サービス)

配食サービス店舗数業界第1位。継続的な顧客に、新規の顧客が積み重なるストックビジネス。今後30年拡大する高齢者市場で安定した収入が見込めます。
また、配食サービスは小資金から始められるのに加え、初期投資が一切かからない「ゼロプラン」が存在します。
首都圏でのFC加盟説明会参加時は、交通費が全額支給されるという点も良いですね。
詳しい資料請求はコチラから

開業資金 モデル月利益 募集エリア
0円〜 55万円 全国

まとめ

介護事業は数少ない成長分野の一つとみなされ、新規参入が相次いでいます。

 

そのような中、ノウハウを持たず個人商店として参入するのはかなり厳しいのが現状といえます。そんな時に、FCの支援が入るというのはとても心強いです。

 

とはいえ、今後競争の激化が見込まれるので、FC選びは慎重に行いましょう。

 

何よりもお客さんが来ないことには始まりません。お客さんに対してどのようなサービスを提供して、差別化を図っているかは大事なポイントです。

 

自分が利用者の立場に立って検討していくべきです。

 

また、事業形態により必要な開業資金の額も変化します。自分の資金状況に応じても、最適なFC選びが必要になります。

 

■こちらの記事もおすすめ

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

「失敗しないフランチャイズ選び」無料レポートプレゼント!

人間関係のストレスから解放され、好きな仕事で自由に働ける。

それがフランチャイズの魅力です。

しかしいきなり独立開業となると、不安に感じる人も多いことでしょう。

そこで「失敗しないフランチャイズ選び」をプレゼント!

本気でフランチャイズ開業を考えている方に「歴史や市場データ」「成功のポイント」を網羅した無料レポートを提供します。

ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズ開業成功のための無料レポート